カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

個人事業主がキャッシングやカードローンを利用するために必要なこと

更新日:

自分の力で稼ぐ。

個人事業主は、会社に頼らずに自力で稼いで生活していかなければなりません。

それ故、どうしても収入的に見ると不安定なのは否めません。

周りのサラリーマンよりも稼ぎが多くても、社会的な信頼度が低いのが個人事業主の悩みではないかと思います。

それは、キャッシングやカードローンのみならず、自動車ローン、住宅ローン、さらにはクレジットカードの審査の際にもその厳しさを体感することができるでしょう。

では、個人事業主がキャッシングやカードローンを利用することができないのかと言うと、そんなことはありません。

無いですけど、サラリーマンよりも条件が厳しいと言うことを覚えておきましょう。

なぜ個人事業主は審査が厳しいのか?

一般的なサラリーマンは、会社と言う組織の下で安定した収入を得て仕事しています。

いくら力が強い個人事業主だったとしても、組織化して運営される会社には安定性で勝ることが無いと言うのが主な理由です。

例え安定した個人事業主だとしても、社会の風習がそれを許してくれないのも大きな要因の一つと言えるでしょう。

また、国は法人を優遇するため、と言うのも理由としてあげられると思います。

個人事業主=不安定な仕事と見なされているため、貸金業者からの評価は決して高くないのです。

通常の総量規制よりも厳しい傾向がある

個人事業主がキャッシングやカードローン、クレジットカードの発行をする際は、通常のサラリーマンよりも条件が厳しくなると言うことは間違いありません。

特に総量規制がある消費者金融のキャッシングに付いては、その傾向が顕著として現れるでしょう。

例えば、サラリーマンの場合は年収の1/3から現在の借入金額を引いた金額が借入れ可能額となります。

総量規制ではこのように決められているものの、個人事業主の場合はさらにこの半分程度の借入れ可能額になってしまうかも知れません。

銀行系のカードローンやクレジットカードのショッピング枠については総量規制対象外ではありますが、キャッシングと比較すると審査が厳しいため、通ることすら難しいと言うのが現状のようです。

個人事業主でキャッシングしたいけれどどうしようか悩んでいるなら

個人事業主だけど、こうした背景があることでキャッシングを申し込むかどうか悩んでいる方も多いと思います。

そうしてもお金が必要…

もしそう思っているのであれば、とりあえず申し込むだけ申し込んでみませんか?

個人事業主だから審査に通らないのではなく、審査が厳しいと言うだけであって、まったく通らないと言うことは無いです。

ならば、ダメもとでも申し込んでみるに越したことはありません。

審査がダメだったからと言って、社会的な信頼度が落ちることもありませんし、ダメなら他の消費者金融にチャレンジしてみれば良いワケですよね。

ただし、ここで注意して欲しいところがいくつかあります。

まず、申し込みは大手消費者金融に絞ること。

個人事業主を取り巻くこうした状況は、怪しい業者の格好のターゲットとなる場合もあります。

私個人的には大手消費者金融の審査がどこも通らなかったら諦めた方が良いのかな…とも思っています。

借金をすることはリスクを伴いますので、深入りせずにまずは大手消費者金融に申し込みを行ってみることをおすすめします。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.