カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

キャッシング・カードローンのリボ払いの種類はどんなものがある?

更新日:

リボ払いと言うと、クレジットカードのショッピングの返済で使われる言葉と言うイメージがあります。

キャッシングやカードローンにもリボ払いは用意されています。

返済方法としては、主に残高スライド方式や定額方式などがあります。

キャッシングやカードローンの場合、残高スライド方式を採用している消費者金融や銀行がほとんどです。

では、この残高スライド方式とは、一体どんなリボルビング方式なのでしょうか?

月々の返済額が一定の返済方法

例えば、30万円までの借入れでは月々10,000円の返済ですよ、と言うものです。

その10,000円には金利が含まれており、実際に返済している額はもう少し少ない額となります。

つまり、10,000円の返済額の中から金利分を差し引いた金額が返済額、と言うワケです。

ただし、いつまでも10,000円のままと言うワケではなく、20万円を超える借り入れの際は月々20,000円の返済額になりますよ、とか、借入れの合計金額によって返済額が変動します。

これはキャッシングやカードローンの業者により変動しますので、詳しくはそれぞれの業者でチェックしておく必要があります。

なお、リボ払いは金利が一般的には18.0%となるため、大きい金額を借入れれば借入れるほど返済合計額がどんどん増えて行ってしまいます。

便利そうで実はそうではないのがリボ払いの怖いところなんですね。

元利均等返済とは?

あらかじめ借入れを行った合計金額に金利を上乗せし、毎月均等に返済する方法です。

例えば、金利を含めて24万円、24回払いをするなら均等に月々10,000円ずつを24か月返済することになります。

この返済方法は、キャッシングやカードローンなど不定期に借入額が増えるような借入れ方法では採用されず、自動車ローンや住宅ローンなど、一度にドカンと借入れを行った際に採用されます。

そりゃあそうです。

キャッシングやカードローンはコツコツと借入れを行うため、借入れ合計金額が変動しますから。

リボ払いは便利な反面恐ろしい返済方法にもなり得る

キャッシングやカードローンのリボ払いは、月々の返済額を抑えることができるため、利用の仕方によってはとても便利ですよね。

でも、100万円など大きい金額を借入れ、リボ払いを選択した場合はいつまでたっても返済が終わらないと言う負の連鎖に陥ってしまう可能性があります。

年利18.0%だと、100万円の借入れの場合は単純計算で18万円も多く支払うことになりますので、この辺りは注意が必要です。

上手く利用して月々の生活の糧にしてくださいね。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.