カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

Q&A

キャッシングとカードローンの金利は何%くらい?

更新日:

一般的にキャッシングの方がカードローンよりも金利手数料が高めに設定されています。

これは、カードローンの方が融資額が大きいためです。

カードローンの利用限度額に応じて金利が変動します。

一方、キャッシングの方は、おおむね18.0%に設定されています。

限度額が大きくなると金利が下がるのは、基本的に金額が大きいからなんですね。

金額が大きすぎる場合、金利が18.0%だと返済が困難になりますよね?

それに、そこまで大きい金利を設定しなくても業者は十分な利益を上げることができるのも大きな要因です。

キャッシングも場合によっては金利が下がることがある

限度額の見直しや審査時の状況によって、金利は大きく変動することがあります。

信用度の高い方であれば、低金利で借入れることができる可能性もあるんですよね。

これは、キャッシングだけではなく、カードローン、自動車ローンなどでも当てはまることなんです。

私の場合ですが、自動車ローンを申し込んだとき、金利6%で交渉しましたが、8%なら融資すると言う回答が返ってきたことがあります。

これは、私自身の信頼度がイマイチだったと言うことも要因に有ると考えています。

当時は他にもローンを組んでいたこともあったので、それも要因の一つとして考えられます。

審査の内容については一切公表してくれませんので何とも言えませんが、やはり借金が多い人にはそれなりのリスクがあると業者は考えるのが一般的な見解です。

ゆえに、金利を上げてハードルを高くすることで敢えて借入を受け入れるしかないケースもあると言うワケですね。

キャッシングもカードローンも、設定限度額によって金利が変動する

どちらも最大金利が18.0%なので、借入れ可能額によっては18.0%に設定されてしまうことを忘れずに。

18.0%と言うと、10万円を借入れた場合、1年後には18,000円増えている計算になります。

これを12で割ると、1か月あたりの返済額に1,400円程度上乗せされることとなります。

1,400円ってかなり大きな金額です。

一般的な手数料でもこんなにかかりませんので、借入れを行った際はこれだけ大きな金額を支払わなければならないと言うワケですね。

まとめ。

18.0%以下の金利手数料となる公算が大きくても、18.0%で返済しなければならないことを想定しておくべき。

10万円の借入れで18,000円分余分に支払わなければならないことを考えておく。

確かに金利は気になるところではありますが、生活に困っていれば借入れはやむを得ない場合が多いです。

ご自身で考えながら計画的にキャッシングを利用してくださいね。

-Q&A

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.