カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

銀行系カードローンには無い、消費者金融のキャッシング・カードローンの利点とは

更新日:

限度額が大きい銀行系カードローンの方が魅力的!

そう思われている方も多いと思います。

しかし、どちらのも一長一短があることを覚えておく必要があります。

消費者金融と言うと、いかにも借金をしていると言うイメージがあるかも知れません。

しかし、これは過去のイメージが悪さしているのであって、基本的に銀行系のカードローンもお金を借りることには変わりありません。

私的には消費者金融のキャッシングやカードローンに魅力を感じていますが、一体どんな利点があると思いますか?

消費者金融のメリット

何と言ってもスピードと融資のしやすさです。

大手消費者金融の場合、ものの数十秒で審査することもあり、即日でお金を借入れるのであれば迷わず消費者金融がおすすめ。

また、カードローンのような大きい金額で限度額が設定されることも無く(初回は50万円以内が多い)、却って使い過ぎを防止するうえでは有益な処置だと感じています。

これには大きな理由がありまして、いわゆる総量規制が関係してきます。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

総量規制とは、消費者金融で限度額を設定する際、年収の1/3以下となることが決められている制限のことです。

これにより、年収が500万円の方であれば、その1/3まで、おおよそ170万円が限度額となるわけです。

トータルしてこれ以上は貸し付けることはできませんよ、と言うことですね。

なんでこんな規制ができたのかと言うと、多重債務者が激増し、破産する方が増えたためです。

そうならないための処置として規制されることになったわけですね。

これが銀行系のカードローンの場合、適用されません。

なぜか適用外となるわけですので、基本的に銀行系のカードローンの方が限度額が大きくなる傾向があります。

ただ、これも考え方次第なのですが、良い事とは思えないんですよね。

限度額が大きいと、際限なく借入れを行う人がいるからです。

これによって多重債務者ではなく、わずか1社の借入れだけなのに十年以上も返済をする羽目になってしまう方もいると思います。

金額が大きくなればなるほど金利のウェートが増えるため、返しても返してもなかなか返済が終わらないと言う負の連鎖が始まってしまいます。

銀行系カードローンの会社も審査時には細心の注意を払って限度額を決めているとは思いますが。

利用しやすいキャッシングがおすすめ!

消費者金融から融資を受けるのをキャッシングと言います。

ただ、最近はキャッシングもカードローンも同じような意味合いで利用されている言葉ですので、あまり気にしなくても良いのではないかと思います。

当サイトでは利便上、消費者金融をキャッシング、銀行系をカードローンと呼んでいます。

審査内容、総量規制の対象か対象じゃないかなど、違いがあるから分けて呼んだ方がわかりやすいかなと思います。

キャッシングは即日・審査が早い・借入れや返済のし易さなどにおいては銀行系カードローンよりも優れています。

金利手数料も最近では限度額に応じて低めに設定されたりする場合も多く、利便性が非常に高くなっているのが消費者金融のキャッシングなんです!

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.