カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

Q&A

ノンバンクって何?その言葉の意味を知りたい!

更新日:

ノンバンクとは、その名の通り銀行ではなく貸金業者です。

預金業務の無い金融業者のことを言い、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社が該当します。

ノンバンクのキャッシングやカードローンには総量規制が対象となりますので、貸し付けの限度額は利用者の年収の1/3以下となります。

また、ノンバンクは貸金業規制法・出資法により、機関に登録しています。

ヤミ金などの業者は正式な届け出をしておらず、非合法で商売をしていることから、貸金業者とは呼べません。

ノンバンクの一例としては、プロミスやアコム、モビット、レイク、アイフルなどの消費者金融、ライフカード、ジャックスなどのクレジットカード会社等があります。

まあ、カンタンに言えば、銀行業務のような預金業務が無く、与信業務を行っている業者のことを指して言っています。

つまり、キャッシングや非銀行系のカードローン、クレジットカードがこれに当たるわけですね。

よく、消費者金融のことをノンバンクと呼ばれていますが、こうした意味合いがあるんです。

まあ、あまりキャッシングやカードローンを利用する方が詳しく知っていても意味が無い言葉ではありますが、一応念のため。

ノンバンクでキャッシングは総量規制の対象となります。

ノンバンクは消費者金融が入りますので、キャッシングやカードローンは総量規制の対象となります。

消費者の保護のために設置された規制なのですが、なぜか銀行系のカードローンに関しては対象外なんですよね。

銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われており、限度額の高さも魅力ではありますが、そこまで高い限度額を設定されることはごくまれなことです。

限度額が高ければ高いほど金利も低くなりますので、基本的にカードローンの方が有利ではありますが、月々の支払額を抑えてしまうと返済が長引くことがありますので、素早く返済できるキャッシングと比較するとより多くの利息を取られる可能性が高いです。

ただ、限度額の高さは魅力的ですよね。

自動車ローンの代わりとしても利用することができますし、おまとめローンとしても上手く利用すれば大変有益な商品です。

キャッシングの魅力はスピードです。

銀行系カードローンには無い、消費者金融のキャッシング・カードローンの利点とは

最短即日融資やスピーディーに返済・融資を受けたい場合は消費者金融を利用した方が良いケースもたくさんあります。

いずれにせよ、ご利用は計画的に行うようにしましょうね。

-Q&A

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.