カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

キャッシング・カードローンは便利だけどダメな点もある

更新日:

飲み代が欲しい方もいれば、生活費の足しにしたい方もキャッシングやカードローンを利用しています。

あらかじめ審査に通ってカードがお手元にあれば、お近くのATMを利用してすぐに借入れることができるのが便利なところですね。

ですが、キャッシングやカードローンにはこんなダメな点もあるんですよね。

今回は、そんな『デメリット』に注目してみたいと思います。

もしこれからキャッシングやカードローンを利用される予定がある方は、この点に注意して利用しましょう。

キャッシングやカードローンのダメな点

まるで自分の口座からお金を出す様な感覚

キャッシングやカードローンを利用するには、カードを発行しなければなりません。

つまり、キャッシュカードのような存在となるわけです。

なぜこれがダメな点なのかと言うと、一度利用すると解ると思うのですが、自分の口座からお金を引き出す様な感覚になってしまうからなんです。

カードを利用するその先は、消費者金融や銀行カードローンの会社です。

自分の口座からお金を出すのではなく、借入れていると言うことを常に忘れずにいることが大切です。

ですが、お金を借りることに慣れてしまうと、この感覚がわからなくなってしまうんです。

ちょっとお金が欲しい⇒よし、借りるか!

その構図がだんだんと簡略化されていくわけですね。

要するに、借りると言う感覚が初期の頃よりも抵抗感が無くなってしまうことによって、気持ちにゆとりができてしまうことです。

それはそれで精神的にゆとりができるから良い事なのかも知れませんが、借金を重ねる要因になりかねませんよね。

キャッシングやカードローンで借入れるお金は自分の物ではないと言う認識を常に持っておくことが大切です。

次から次へと申し込みをしてしまう

キャッシングやカードローンは申し込みは誰でも簡単にできてしまいます。

つまり、持とうと思えば色々な消費者金融、信販会社、銀行のカードを持つことができるんです。

つまり、どこからでも借入れができる様な状態になってしまうと言うワケです。

これに、先ほどの抵抗感が無くなってしまった状態を掛け合わせるととんでもないことになってしまいますよね。

行く末は多重債務者。

自転車操業を余儀なくされる、借金地獄に陥る可能性があるワケです。

お金を借りると言うことに抵抗感が無くなってきている方は、黄信号だと思ってください。

最近は裁量規制によって消費者金融での借り入れは収入の1/3以下となっていますが、カードローンに関しては総量規制対象外です。

▼総量規制とは?総量規制対象外って何?

つまり、自分の器を超えて借金を重ねる可能性があるワケです。

ご利用は計画的にとは、よく言ったモノです。

もし以上のことに当てはまると思う方は、今一度お金を借入れると言うことがどんなことなのかをよく考えてみてくださいね。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.