カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

Q&A

キャッシングと一般的なローンの違いって何?

更新日:

自動車ローンなどの借入れとキャッシングは大きく異なります。

まず、自動車ローンは一括で大きい金額を借入れ、支払いに利用し、月々決められた額を返済していきますよね。

その月々の返済額の中には金利が含まれています。

一方で、キャッシングの場合は不定期に借入れを行うため、月々の返済額が一定だったとしても、金利によって総支払額が増えます。

つまり、返済額が変動するんですよね。

このように、自動車ローンなど、大きな金額を大きなお買い物に充てる際は、それ以上金額に変動がありませんので、常に一定金額を返済することになります。

これは住宅ローンでも同じですよね。

ただ、早期に返済する場合はそれまでの金利分だけを総支給額にプラスして返済するため、総返済額が少なくなります。

キャッシングやカードローンも定額で返済するけれど…

で、キャッシングやカードローンの特徴としては、ある一定の金額以上を借入れた場合、月々の支払額が変更される場合があります。

例えば、20万円までの借入れの場合は月々10,000円の返済額だったのに、それ以上借入れた場合は月々の返済額が20,000円になったり。

実は借入れを行えば行うほど月々に返済する額が増えるんです。

ずっと10,000円なら10,000円で返済を続けて行けるわけではないんですね。

だって、金利分の利息の上乗せがあった場合、10,000円ではカバーしきれなくなってしまいますので。

私が体感した感じでは、20万円~30万円で月々の返済額が2倍に、更に50万円程の借入れ合計額になると、通常の3倍程度になる感じがします。

要するに、月々10,000円のリボ払いだったものが30,000円のリボ払いになってしまうと言うワケですね。

ただし、返済を続けて行って、基準額以下になった場合は月々の返済の額が減ります。

大きな金額を借入れる予定がある方は、この辺りにも注意して借入れを行うようにするのが良いでしょう。

まとめると。

キャッシングとローンの違いは、借入れの合計金額が動くか動かないかです。

ただし、ローンの場合も1つのローンに限った話であって、更に別のローンを組んだ場合は月々の支払いが増えるのは当然のことですね。

月々の支払額が一定のリボ払いは、総借入額の金額が大きくなればなるほど月々の負担が大きくなる、と言うことは覚えておきましょう。

-Q&A

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.