カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

消費者金融の滞納には時効があるけれど、それを待つのは可能なのか

更新日:

消費者金融で滞納している人で、時効成立を待っているケースがあるというじゃありませんか。

これで借金はチャラ!

…って、それって人としてどうなの?

って思いますよね。

消費者金融の一般的な時効は5年と言われています。

じゃあ5年待てば借金が消えてなくなるんじゃないの?

いやいや、ちょっと待ってください。

そんなわけないですので。

時効はあるけどそれを待つのはほぼ不可能

確かに法で定められた時効は存在します。

借金を滞納してそこまで消費者金融が何もアクションを起こさないと思ったら大間違いです。

確かに取り立ては来ないですし、来るのは書面による通知と電話くらいです。

ですが、なぜ待つのが不可能かと言うと、こんなわけがあるからです。

消費者金融がアクションを起こし、対応した地点

消費者金融からの通知で動いた場合、時効はストップします。

また、それでも無視し続けた場合でも、口座や給与の差し押さえが施行された地点でストップです。

要するに、消費者金融側が何もアクションを起こさずに5年が経過すれば、あなたは逃げきれます。

その時に通知する必要がありますけど。

でも、そこまでして借金を逃れようとすること自体、人として終わっています。

借りたものは返す。

これ、人として当たり前のことです。

あなたも友人に貸したままのゲームをずっと返してくれなければ、イライラしますよね?

というワケで、こんな無謀なことをするくらいなら、さっさと弁護士に相談するようにしましょう。

滞納しすぎて支払いが大変なことに…

まず、あなたがもし借金を滞納し、すべての通知を無視し続けているとすれば、持ち金および資産を没収されても文句は言えないのです。

でも、強制執行される前に弁護士に相談した方が間違いなく良いですよね。

まず、なぜあなたがそこまでして頑なに返済を拒否しているのかはわかりませんが、借りたなら返すのが人としての責務です。

滞納し、逃げ回って時効成立させることは消費者金融側に不手際があった場合にしか考えられないことです。

要するに、お金に関しては逃げ切ること自体がほぼ不可能であり、もし逃げて雲隠れした場合もその後の生活は質素で、人として生きるすべを全て失ってしまいかねません。

逃げるということは、すべてを捨てることです。

借金だけじゃなく、家族・友人・財産・未来の生活…

あなたはこのすべてを捨ててまで借金を捨てたいでしょうか?

もし借金で悩んでおり、夜逃げしたい気持ちになっているのであれば、弁護士に早急に相談するようにしてください。

何事も円満解決が良いです。

借金を作った人は、被害者ではありません。

例えそれがどんな理由があろうとです。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.