カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

債務整理・破産

借金100万円~150万円で自己破産は早い?債務整理の方が良いの?

更新日:

日本には借金を抱えて悩んでいる方が非常に多いです。

住宅ローンや自動車ローンだけじゃなく、キャッシングやカードローンの使い過ぎによる多重債務者ですね。

色々な情報を見渡すと、100万円~150万円で自己破産を申請しようかどうか悩んでいる方がとても多いです。

今回はこのことにスポットを当てて見ようと思います。

借金100万円ってどんなものなのか

100万円~150万円って、何となく大したことが無いように感じますよね?

ですが、月収20万円の方が100万円を貯めるのに必要な期間を考えてみてください。

生活費などもありますので、早くても3年はかかると思います。

月に3万円、コツコツと貯金することで貯まるまでの期間です。

と言うことは、100万円の借金をしている方は、3年で全て返済するには3万円ずつを返済しなければならないことになります。

ところが、キャッシングやカードローンって分割返済の場合、定額、つまりリボなんですよね。

どういうことかと言うと、3年なら3年で返済するローンの組み方では無くて、月に1万円を返済しなさいというシステムです。

ゆえに5社から借金をしている場合、5社すべてに1万円ずつを月々支払わなければならないため、月々にかかる返済額は5万円と言うことになります。

これは20万円の月収の方が返済できるギリギリのラインかと思います。

でも、自由に使えるお金も無いと思いますので、結果的にまた借入れをすることになってしまうんですよね。

これが借金100万円の中身です。

多重債務の恐ろしさ

多重債務者であればあるほど、返済額が高くなってしまうため、例えトータルで100万円しか借金が無くても返済額がハンパ無いことになってしまうワケですね。

ここまで来てしまうと、返済が滞ったりしてしまう可能性があります。

そうなってからおまとめローンを考えるのはすごく遅いです。

多分審査に通らないと思いますので、精神的にも追いつめられてしまいます。

100万円~150万円で自己破産を考える

結論から言うと、考えるのもアリです。

自分の収入が低い場合、この金額でも返すのはハッキリ言って困難ですね。

また、上記のように、多重債務者となってしまった場合、金額に限らず月々の返済が大変なことになってしまいます。

ゆえにこの借金額でも自己破産を勧めてくる生活相談窓口や弁護士がいるわけです。

債務整理は借金の額が減りませんので、結局返済することになります。

債務整理で勘違いしやすいこと

債務整理って、金利分が無くなった『おまとめローン』のように考えている方っていませんか?

それは違うんですよね。

5社から借り入れを行い、返済することができなくなって債務整理をしたとしても、結局5社にそれぞれ3年~5年以内に返済することになりますので、場合によっては月々の返済額が逆に増えてしまうこともあります。

友人が自己破産なんてそんな金額ではやんない方がいい!

って言っても、要はトータルでしか見ていないからそんなことが言えるんですよね。

トータルの借金の額では無くて、月々の支払額が苦しいんでしょ?

もし相談するならそのことをきちんと説明しなければなりません。

因みに、民事再生なら100万円からかなり減額することが可能ですので、そちらも合わせて考えてみると良いでしょう。

やるなら債務整理で利息分をカットした金額を返済するか、民事再生、自己破産と言うことになります。

借金をしてしまったのだから、リセットして気持ちを入れ替える必要がある

何に使ったかはわかりませんが、これらの事件を弁護士に任せてしまうことになるので、あなたは反省しなければなりません。

『車を手放したくないから民事再生や自己破産はできない』

とか、わがままを言っている立場ではないんですよね。

それらを差し出しても借金を返さなくてはいけませんので。

そのことを肝に銘じて相談するなりなんなりするようにしましょうね。

-債務整理・破産

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.