カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

債務整理・破産

借金問題は無料で相談することができる!法テラスもうまく利用しましょう

更新日:

多くの借金を抱えてしまい、人生お先真っ暗…

なんて考えている方、意外と多いんです。

この世の中、借金で成り立っているわけですから、あまりひどく落ち込むようであれば迷うことなく弁護士さんに相談するようにしましょう。

でも、その弁護士料もばかにならないんじゃないかって考えている方も多いはず。

そんな時にどうすればよいのかを一通りカンタンにまとめたいと思います。

借金問題で困ったら

迷うことなく弁護士に相談ですね。

債務整理などに入った際は現在の支払いはストップすることができますので、とりあえず安心感は得られると思います。

ただ、債務整理をはじめ、民事再生、自己破産は自分の履歴に傷がついてしまうことも念頭に置いて交渉を進めるようにしましょう。

まず、弁護士に相談すると、お金がかかってしまいますよね?

ですが、法テラスを利用すればいいわけです。

大抵の弁護士は初回は相談無料で受け付けてくれるケースが多いですので、どうするかはその時に相談するのが良いかと思います。

弁護士料も払いえないのであれば

迷わず法テラスです。

これは順序が逆でも大丈夫だという場合もあります。

例えば、自分で探した弁護士にお電話し、相談の予約を取ります。

その後、法テラスを利用したいとの旨を伝えてみてください。

利用することができるケースが多いと思います。

法テラスは弁護士料を分割で、払える範囲内で利用することができますので、借金に困っているくらいであれば利用したほうが良いでしょう。

もし債務整理をやった場合、どのくらいお金がかかる?

弁護士も商売ですので、報酬を支払わなければなりません。

私が聞いた話によりますと、私の友人が民事再生を申請した際は30万円程度かかったそうです。

これは、借金の額にもよりけりかと思います。

その友人は法テラスを利用しませんでしたので、この金額ですが、利用すればもっと軽減できるはずです。

借金で首が回らないのに数十万円払うの?

債務整理などが確定するまで長い月日が必要です。

友人の場合は2年ほどかかりました。

その間、返済することはありませんので、普通に生活していれば貯金ができるはずです。

また、途中から本当に返済することができるのかどうかをチェックするために、弁護士に対し、指定の口座に指定された金額を入金する作業が待っています。

もし返済額が30,000円だった場合、弁護士が用意した自分用の口座に月々30,000円ずつ入金することになります。

これは貯金みたいなもので、返済能力の有無を確かめるためにやらなければいけません。

そのお金、1年間入金し続けたとすると、おおよそ36万円貯まる計算となるわけです。

最後に支払う弁護士料は、ここから負担するわけですね。

なので、30万円費用が掛かった場合はここから30万円引いて、6万円は手元に帰ってくることになります。

つまり、無いところからお金を絞り出して弁護士の報酬に充てるのではなく、あらかじめ強制的に貯金させられる、と言ったほうがいいかもしれませんね。

こうしないと借金で首が回らない方って貯蓄しないんですよね。

裁判所が返済能力の有無を確かめるためにチェックする項目でもありますので、入金遅れが無いようにしないといけませんね。

なお、自己破産の場合は入金する必要はないと思いますが、弁護士料がかかりますので、うまく貯金しておかないと後程大変なことになる可能性があります。

-債務整理・破産

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.