カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

友人から借金はするものではないって話。

更新日:

『ちょっと今月ヤバくてさ、10,000円だけ貸してくれない?』

あなたは友人からこんなことを言われたこと、ありませんか?

もしくは言ったことがありませんか?

仲が良い友人であれば、もしかしたらすぐに貸してくれるかもしれません。

ですが、友人とお金の貸し借りはしない方が得策です。

なぜ友人からお金を借りない方が良いのか?

これは、当然返さないからです。

と言うよりもいつでもいいと思い込んでしまうからです。

中にはきっちり返す方もいると思うのですが、返さない人はずーっと返しませんよ。

金利も無いし、なあなあで時が過ぎていくことでしょう。

やがて、友人から

『いつになったら返してくれるの?』

何てことを言われるかも知れません。

そもそもお金を返さないと言うことは、時がたつにつれて信頼性も徐々に失っていくことになります。

やがて疎遠になる可能性もありますし、仲が悪くなる可能性だってありますよね?

あなたを信用し、大切な友人だからお金を貸してくれたのに、それを裏切ってしまうワケですから。

では、お金がどうしても足りない時はどうしたらよいのでしょう?

キャッシング・カードローンは自己責任

誰にも迷惑をかけずにお金を借入れることができるのがキャッシングやカードローンの最大のメリットではないでしょうか?

ただ、こちらは商売ですので利息を支払わなければいけません。

まあ、お金が足りなくて困っているから貸してあげるよ!

って赤の他人から言われているのと同じ状況なのですから、その見返りとして少しだけ多めに返済するのは人として当然のことです。

それを躊躇して友人に借金を頼み込むのは得策ではありません。

もしお金に困ってどうしようと考えているのであれば、友人よりもキャッシングやカードローンに頼るようにしてください。

なお、これらは周りの友人や両親、家族とは関係の無い話ですので、借入れを行う場合は全て自己責任で行ってください。

ご利用は計画的に。

もしキャッシングやカードローンを利用し、お金を借入れる場合は、使い過ぎに注意してください。

自己責任であると同時に、誰も止める人がいないですので、借金をするにはある程度の自制心も必要になります。

ATMから簡単に現金を引き出せるため、つい使いすぎてしますと言うことも多々あります。

今月はいくらまで、それ以上は絶対に借入れないと言う強い意志を持って借りるようにしましょう。

なお、これだけ言っても無駄に借入れを行う人は絶対に居るんです。

ご利用は計画的に。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.