カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

ブラックでもお金を借りたい場合は?消費者金融や銀行から借りることができる?

更新日:

自分がブラックリストであるにも関わらず、それでもお金を借りたいと思っている方がいます。

まず、なぜブラックリスト入りとなってしまったのか、今一度よく考えてみてください。

ブラックリストとは、債務整理、民事再生、自己破産を申請した方や、延滞・滞納を繰り返し、消費者金融を利用することができなくなってしまった方のことを指してこう呼んでいます。

実際にはブラックリストは存在せず、個人信用機関に事故記録として残っている方のことを言っているんですね。

自分がそうなってしまった以上、もうこれ以上お金を借りることができないのは当然のことです。

従って、当サイトではブラックリスト入りしている方にキャッシングやカードローンを申し込めるような、危険な物件はご紹介していません。

いや、実際にはあるんですよ、ブラックでも審査してくれるところが。

でもですね、これ以上借金を重ねてどうなると言うのでしょうか?

そもそも、債務整理や民事再生、自己破産を申請した方は、借金が原因で申請せざるを得ない方々です。

要するに、考え方が甘いと言うことですよね。

こちらの記事にもブラックに関することを掲載していますので、よろしければチェックしてみてください。

借りたいけど借りれない…そんな時はどうすればいいの?

基本的に借入れできない

さて、ここまでもう答えを書いてしまっているようなものですが、ブラックの方がお金を借りたくても、基本的には借入れはできません。

そもそも信用性が無いので、消費者金融、銀行はお金を貸してくれません。

キャッシングやカードローンにおいて、信用情報はものすごく大切な要素です。

だって、貸したお金を返してくれない方に、お金を貸すわけには行かないですよね?

本人には今度こそ返すつもりがあると思っていても、もう後の祭りです。

よって、現在ブラックだと思われる方は、借りる借りない以前に自分が持っているお金で生活できるスタイルを気づきあげることが先決と言えるでしょう。

ただ、注意して欲しい点が一つあります。

それは、ヤミ金からの甘い誘惑です。

ヤミ金業者は、官報と言う破産した方や倒産した企業などが掲載された新聞をしっかりチェックしています。

ゆえに、債務整理や民事再生、自己破産した方をこうした情報から狙っていると言うワケです。

DMや電話が来るかもしれないし、もしかしたら来ないかもしれません。

私の知人で民事再生を申請した方がいるのですが、その方には届いていると言う話は聞いていません。

どこからもお金を借入れることができないからと言って、こうしたヤミ金業者からお金を借りることだけは止めましょうね。

ブラックでも利用できる消費者金融は存在するのか

結論から言いましょう。

大手消費者金融ではまず間違いなく不可能です。

そもそもブラックリスト入りしている方って、少なくともお金に関しては信用度がゼロです。

例え申込時に記載事項が無かったとしても、信用機関で自己登録されているため審査に通ること自体が考えにくいです。

むしろ、ブラック解除になるまで待つ方が得策と言えるでしょう。

ブラック期間中に消費者金融の申し込みをすると、大変印象が悪いですし、もう借り入れができない可能性もあります。

安定した収入も大切な要素ではありますが、そこではない、別の要素が絡んでくるわけですので、ブラックでお金を借りたいと思っている方は諦めるべきです。

弁護士に相談しましょう。

そもそも、ブラックの方は借金を借金で返済するから効率が悪いわけですし、そんなことをしていて借金がなくなると思いますか?

また、そんなことをしていて一生持つと思いますか?

どうやっても間違いなく無理ですので、早急に弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士はお金がかかる…

と思っている方は、考え方自体がおかしいです。

借金を作ることをためらわないあなたが、なぜ弁護士にはお金をかけることができないのでしょうか?

自分の為にならないし、楽しくないから?

そんなことを言っている暇はないんですよ。

そうこうしているうちに、どんどんあなたの借金は増えていきます。

返せないんでしょう?

ならば、まずは返済を一時的にストップして、債務整理なり自己破産なりの準備に取り掛かるべきです。

職業によっては自己破産はリスクがある可能性も

例えば公務員の場合ですね。

自己破産しても基本的には問題ありませんが、自治体による懲戒処分を受ける可能性は否定できません。

あまり聞いたことが無い事例ですが、無いとは言い切れないのです。

しかし、たいていの場合は誰にも知られることなく手続きを進めることができるはずです。

ブラックならブラックらしいふるまいを

多重債務者やすでに自己破産・債務整理を行った方はブラックと言われますが、多重債務者でもうどうにもならないという方は即刻弁護士に相談することをおすすめします。

すでに手続きして審査も完了した後の方であれば、あなたはブラックだったからそのような手続きをしたはずです。

ですので、安易にお金を借りることは得策ではありませんし、2度目は無いという考え方で生活するようにしましょう。

ブラックリスト入りOKのカードローンってある?あれば教えて欲しいんだけど。

自分はブラックリストだけど、それでも審査に通るカードローンってあるの?

ブラックリスト入りの人は、債務整理や自己破産を申請してしまった人で、今後一切のキャッシング・カードローン・クレジットカードの利用ができなくなります。

10年ほど待てば使えますが、そんなに待てないって方も実際すごく多いんですよね。

で、もう結論ですけど、あるわけないじゃないですか!!

ブラックリストの人がお金を借りることができないわけ

一言でいうならば、信頼度が全く無いから。

ブラックリストになってしまったその原因が、返済に困り、借金をチャラにするか示談で返済額を変更するかした人です。

従って、消費者金融やクレジットカード会社からしてみると、損失を出した原因となった人のわけです。

そんな人に、快くお金を貸してくれる人、どこにいるというのでしょうか?

ブラックリストだけど、申し込んだらもしかしたら万が一でも審査に通る可能性があるかも…

いや、ありません。

審査内容に、信用機関の情報が含まれている以上、それは決して無いことなんです。

それでも、ブラックだと知りつつお金を貸してくれる業者はかなり怪しいですよね。

いわゆる闇金ですので、骨までしゃぶられる可能性、濃厚です。

ブラックになったのに、なぜそこまでしてお金を借りたいのかは私にはわかりませんが、無謀なことは考えない方が得策です。

むしろ、その状態で申し込みを行った場合、信用機関にその情報が登録されてしまいます。

もしそうなった場合、今後10年後に再び借り入れしたい時が来たなら、きっと審査に通りません。

自分の信用度をこれ以上落とさないようにしましょう。

申し込みするのは自由!ブラックリストの人が消費者金融に申し込んだ事例

ブラックリストはご存知でしょうか?

いわゆる『金融事故』によって、債務整理や民事再生、自己破産を申請した人のことの総称です。

ブラックリスト自体は存在せず、信用機関に事故登録されている方のことをわかりやすいように言っているだけのことなんですが。

誰もがご存知の通り、ブラックリスト入りしている人が消費者金融から融資を受けることはできません。

当然ながら、銀行系カードローン、クレジットカード、各種ローンの審査にも通りません。

まあ、それが原因でブラックリスト入りしたわけですので、貸せないし借りれないのは当然のことですよね。

ですが、それでもお金を借りることをやめることができず、消費者金融に申し込もうと思っている人も結構多いんです。

普通なら呆れてものも言えないですけど、本当にお金に困っている事例もありますので、一概には言えませんよね。

さて、そんなブラックリストの人が消費者金融にダメもとで申し込んでみた、と言う話があります。

この方はいったいどうなったのでしょうね?

ブラックリストだけど消費者金融に申し込みしてみた

債務整理を行い、現在は借金を無利子で返済しているサラリーマン。

ですが、やっぱり借金は借金なので、いくら債務整理をしたからと言っても支払いが厳しいことには変わりありません。

遂に支払えない月がやってきました。

そこで、彼はブラックリストは承知のうえで、万が一の可能性にかけて消費者金融の申し込みをしてみることにしました。

その結果…

何と、当然のことならがら、すべて却下されました。

当たり前です。

もはや笑い話にしかなりません。

ブラックリストにお金を貸してくれる業者が存在するということを耳にしたので、一応やってみたらしいのです。

でも、ダメだったそうです。

中小規模の消費者金融には、ブラックだけど相談してくださいと言うところもあります。

でもこれって、グレーゾーンのような気がしますよね。

そもそも返せる見込みが無いのに審査なしで貸してくれるところは間違いなく闇金です。

中小規模の消費者金融の場合、一応審査してくれるところもあるようですが、大抵審査には通りません。

一度お金で身を滅ぼしたにもかかわらず、それでもまた消費者金融やカードローン、クレジットカードの手を出す気持ちがよくわかりません。

ブラックリストの方はお金を借りる前に、節約することをおすすめします。

節約に関する記事は当サイトでも公開していますので、参考にしてみてくださいね。

誰でもできる!お金の節約・貯金術まとめ

ブラックリストの他にホワイトリストと言うものもあると言うウワサ

個人信用情報で返済の滞納などが頻繁にあった場合、いわゆる『ブラックリスト』入りすると言うのは聞いたことがあるかと思います。

ブラックリスト自体、存在そのものは内容なのですが、審査の基準としてこの人は返済に関しては信頼度が低いですよ、と言う情報が個人信用期間に登録されている方をまとめてブラックリストと言っているだけのことです。

個人信用情報はこうした機関で一括でまとめられているため、ダメなものはどうやってもダメなんですよね。

一方で、『ホワイトリスト』と呼ばれるものも存在するのはご存知でしょうか?

ホワイトリストは、その名の通り個人信用情報がまっさらな状態。

過去に借入れや返済の情報が全く無い状態の方のことを指して言っています。

ホワイトリストのデメリットとは?

ホワイト、特に『スーパーホワイト』と言われる完全にまっさらな状態の方は、クレジットカードやキャッシング、カードローンなど融資の審査に即日通るほどの信頼度というイメージがあるかも知れません。

しかし、実際はホワイトリストの方は、審査に非常に通りにくいんです。

これには一定の理由があるようなんです。

まず、ホワイトリスト=クレジットカードやローンの利用が全く無い方。

お金を借入れること自体必要ない方々なので、審査に通りやすいイメージがやっぱりありますよね。

ですが、世間一般的に見て自動車ローンすら利用した形跡がないし、スマホの購入履歴すらないのは明らかにおかしいと思われてしまうそうです。

スマホの分割購入も実は個人信用情報が関わってきますので、クレジットを利用したような履歴になるようです。

私の知人に居るのですが、クレジットカードを作ろうとしたら審査に落ちた。

彼女は安定した職に付き、キャリアもそこそこ。

なのにクレジットカードの審査に落ちちゃったんですよね。

なぜかと言うのを考えてみたところ、実は30才になるまで一度もローンを利用したことが無く、スマホも自分の母親名義だったんです。

つまり、成人になってから10年間、完全ホワイトだったわけです。

ただ、そんな彼女も楽天カードを作ることができて一安心だったそうです。

債務整理や民事再生、自己破産をした方と言うイメージも

債務整理や民事再生、自己破産を申請した方は、個人信用機関に事故情報として記録されます。

これが数年間、消されること無く残ってしまうワケですね。

そして数年間のちにこの記録が消され、晴れてホワイトリスト入りとなるわけです。

ホワイトになったんだからすぐにクレジットカードの審査には通るだろうと言うのは甘い考え。

通らないんですよね、これが。

審査が甘いところなら通る可能性はありますが。

現金主義を貫いてきた方のイメージも

いわゆるスーパーホワイトは、現金主義の方の当てはまる言葉です。

これはカード会社、消費者金融、銀行系カードローン、自動車ローンなど、審査が厳しい業者の審査で即落とされることがあります。

借金もしていないし、現金ニコニコ払いで済ませてきた方なのに、審査に通らないのは腑に落ちないところですが、こればかりは仕方がありませんよね。

と言うワケで、簡単な説明でしたが、ホワイトリストに付いてでした。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.