カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

日常的に生活費を借入れると危険!

更新日:

キャッシングは、手軽にお金を借入れることができる一方で、まるで自分の口座からお金を引き出すかのような感覚になるため、常に借りていると言うことを意識していないと大変危険です。

借金の理由として最も多いのが生活費ですが、借りようと思えば限度額まで借入れを行うことができてしまうため、返せなくなる危険性があるんです。

キャッシングは金利も高めですし、少額融資には向いているものの、分割で返済するとなると大変な思いをすることになりかねません。

なぜ生活費が足りなくなるのか、今一度よく考えてみることが大切です。

なぜ生活費が足りなくなる?

元からお金を持っていない、と言うのも原因としてあるようですが、そもそも借金をすると必ず返済しなければなりませんよね。

ですので、次の月には低額を返済することになるため、その月の残りの現金が足りなくなるのは当たり前です。

よって、まず、生活水準から見直す必要があるんですよね。

借金はデリケートなもので、瞬く間に増える可能性があります。

キャッシングの借入れと返済を繰り返している方は、その辺りもしっかり考えていく必要があるんです。

まず、1か月はギリギリの生活をしてみるとか。

こうした些細な努力により、生活が楽になることを実感するしかないんですよね。

どうしても借入れが我慢できない

給料日の前に現金が無くなるのは、借金を支払っているからと言う理由も含まれています。

私は奨学金と自動車ローン、合わせて5万円を月々に支払っていましたが、かなり苦しかったですね。

手元に残るお金が3万円。

借入れる当初は、これでもやっていけると思っちゃうんですよね。

ですが、3万円じゃかなり厳しいです。

車があってもガソリンを入れることもままなりませんし、食費だって外食なんてできません。

それを甘く考えた結果、生活が苦しくなったんですよね。

この2つのローンは仕方が無い部分もあると思います。

ただ、自動車はもっと節約できたかな、と思います。

奨学金に関しては、これが無いと大学に行けませんので、やむなしとしてもです。

3万円の生活になると、月の後半は絶対に現金が底を尽きますので、どうしても借入れる必要があったわけです。

私の場合は、少額で済んでいましたが、中にはもっと借入れなければ真っ当な生活ができないと言う方もいると思うんですよね。

でも、借金を減らすためには我慢することも必要なことです。

自分の生活レベルを上げるのも良いですけど、器に見合ったレベルに納めなければやがて生活が破たんすることになります。

借入れを我慢する勇気も大切なので、今一度よく考えてください。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.