カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

ただ純粋に金利を下げたい方は、銀行カードローンを有効的に利用しよう!

更新日:

キャッシングやローンを利用されている方は、月々の支払額と総額、どちらに着目しますか?

キャッシングを利用される方の多くが、月々の支払いをできるだけ低くしたいと考えています。

ですが、いざ総額を計算してみると、ものすごい金額になってる…

ってこと、ありませんか?

例えば、金利18.0%で50万円を12回の返済にすると、9万円を消費者金融に支払うことになります。

これが損なのかどうかと言うと、ハッキリ言って損ですよね?

そこで、支払総額を考えて返済したいと考えている方は、より低金利の銀行系カードローンに借り換えも検討すると良いでしょう。

キャッシングは少額融資ならそれほど差はありませんし、Web申し込みなど利便性が高いのですが、高額になってしまうとどうしてもカードローンの方がお得になってしまいます。

借り換え・おまとめローンとして銀行カードローンを利用する

実は消費者金融にもおまとめローンは用意されていますが、設定される金利は100万円より低ければ18.0%、100万円以上であれば15%が設定されます。

つまり、その消費者金融のMAXの金利が科せられることになります。

これはハッキリ言って総額から見るとかなり損です。

より金利が低いカードローンを利用すると、総額で数十万円の差となることも稀ではありません。

なお、銀行系カードローンならおまとめローンとして申し込みする必要がありませんし、そもそもの融資額が大きいため、そのままおまとめローン的な利用方法も可能です。

総量規制の対象外でもありますし、利便性よりも低金利・高額融資を求めているなら間違いなくカードローンでしょう。

ただ、審査が厳しいかったり、融資まで時間がかかったりするデメリットもあります。

また、Web上での融資に対応していなかったり、秘密にしたいけれどバレてしまったなど。。

確かに利便性の高さは魅力ではありますが、金額的に見てトータル的に損したくない方は、銀行系カードローンを利用することをおすすめします。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.