カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

Q&A

キャッシングやカードローンを利用することが多い年代は?

更新日:

生活費の補てんや交際費、遊ぶお金のためなど、キャッシングを利用する方には様々な理由があります。

人それぞれの理由があるのは何となくわかりますが、キャッシングやカードローンを頻繁に利用する世代ってどこなんだろうと個人的に気になったんですよね。

これは借入れを行う理由と因果関係があるようです。

興味本位でしたが、リサーチしてみました。

キャッシングやカードローンをよく利用している世代

最も多いのが40代で、次に30代と言うことがわかりました。

googleで色々とリサーチしてみましたが、やっぱり30代~40代の世代が最も利用者が多いんですよね。

20代と比較すると収入が安定し、給与も高くなっているはずです。

なのにこの世代だけ飛び抜けているんですよね。

それはなぜなのかと言うと、キャッシングやカードローンを利用する理由にヒントが隠されています。

子供にお金がかかる

ズバリ、これです。

丁度30代~40代の世代の家庭って、お子さんの教育費にお金がえらいかかるんですよね。

年齢的に言うと、小学校から高校まで。

最近は晩婚も増え、両親の世代もワンランク上がっている印象もあるだけに、30代~40代の世代にとって生活費の工面が大変だと言うことも良くわかります。

つまり、子供の教育費により生活費が圧迫され、やむなくキャッシングやカードローンを利用するケースが増えていると言うことですね。

また、この世代のお父さんは、会社でもある程度出世していることが想定されますので、会社関係のお付き合いや接待などでお金が必要になるケースもあるようです。

と言うワケで、最もよくキャッシングやカードローンを利用する世代は30代~40代と言うことになりました。

娯楽に使うと言う理由も多い

パチンコなどのギャンブルやキャバクラなどの飲み代の確保と言う理由でキャッシングやカードローンを利用する方も非常に多いです。

お小遣い制のお父さんにとって、少ないお金でやりくりするのは結構大変なものですよね。

特に上記のような理由の場合、生活費を圧迫しかねないですから、男は黙ってキャッシング!

と考えている方も多いようです。

ただ、借りたお金なので、必ず返さなくてはいけませんよね。

利用しすぎるのも負のスパイラルを招くような気がするのですが、ストレス社会の中頑張っているお父さんのために大目に見ているという家庭も多いのではないでしょうか?

20代と60代は利用者の割合がガクンと減る

20代、60代になると、キャッシングやカードローンの利用者がガクンと減ります。

20代は独身者も多く、お金にある程度余裕があると言うのも要因としてあげられるでしょう。

一方、60代となると、既に定年を迎える方も多く、審査自体が通りにくいと言うこともあるようです。

そもそもその年代になると、お子さんも手を離れ、自立している頃ですので、あまり生活費を圧迫することもない、と言うのも理由として挙げられるようです。

-Q&A

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.