カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

総量規制対象外で借りることができるカードローンってあるの?

更新日:

総量規制により、キャッシングの利用枠が自身の年収の1/3となっていることは、消費者金融をご利用している方ならご存知かと思います。

この規制対象外のキャッシングはありません。

ですが、銀行カードローンの場合、総量規制対象外ですので、キャッシングの枠よりも多い金額を借入れることが可能です。

なぜ今さらこのようなことをご説明しているのかと言うと、実は質問があったんです。

『総量規制対象外で利用できるカードローンはありますか?』

カードローンに関しては、基本的に総量規制対象外でご利用可能です。

この規制が適用されるのは消費者金融、信販会社、クレジットカードのキャッシング枠です。

ゆえに、銀行系のカードローンに関しては、総量規制対象外となります。

ただし、キャッシングにおいても総量規制の例外が適用されるケースがあります。

高額医療費の負担、葬儀費用など、思わぬ出費がある場合において総量規制の枠よりも多く融資を受けることができるんです。

ただし、あくまで例外です。

一時的な適用だと思っていただければ良いと思います。

つまり、総量規制により指定されたキャッシング枠よりも多くお金を借入れてしまった場合は、当然収入の1/3以上の利用となるため、これ以上の借入れはできなくなります。

もっと言えば、収入の1/3以下まで返済しないと借入れを行うことができない、と言うワケです。

ところが、カードローンの場合は総量規制対象外であるため、通常のキャッシング枠よりも多く融資を受けることができるんです。

キャッシングとカードローンの厳密な違いについては以下を参考にしていただければと思います。

キャッシングとカードローンって何が違うの?

なお、キャッシングで満額借入れると言った場合、金利の高さがデメリットとなります。

当然分割返済となるかと思いますが、初めから分割返済を考えて借入れを行う場合はカードローンの利用をおすすめします。

それにはこんな理由があるからです。

金利が安いのはカードローンとキャッシング、どちらになる?

カードローンは分割返済を目的としています。

つまり、低い金利で長期の借入れを目的としている方に適したものがカードローンです。

ただ、借入れが低額の場合は一括返済もできます。

まとめ

基本的に銀行系のカードローンに関しては総量規制対象外ですので、キャッシングとは審査の基準が変わってきます。

利用枠も大きいですし、金利もその分低いのがカードローンの良いところです。

ただし、初回の審査が厳しいこと、返済は分割になることを考えると、低額の借入れを目的とするならキャッシングの方がおすすめです。

キャッシングなら無利息期間を設けている消費者金融もありますし、利用枠が低い分リスクも少ないと考えています。

いずれにせよ、ご利用は計画的に行う必要はあります。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.