カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

節約術

ペットボトルの買い方だけで節約!誰でもできる貯蓄の方法

更新日:

貯金する余裕なんて無い!

でも、お金の使い方をちょっとだけ変えるだけで、意外とできるものなんです。

月に5,000円だけでも貯金しておきたい。

そうお考えの方が、まずやるべき節約方法をご案内します!

ペットボトルの飲み物の購入方法を考える

ペットボトルの飲み物はどこで購入していますか?

自動販売機やコンビニで購入するのはハッキリ言って損です。

これらで購入するとなると、大体が定価販売。

500mlなら150円~160円ですよね?

しかし、スーパーで購入すると、100円以下になります。

この差、実はかなり大きくて、最もカンタンに節約することができる、スタンダードな方法です。

ペットボトルの購入はスーパーやドラッグストアで

コンビニや自動販売機では、缶で130円、500mlのペットボトルで160円ほどします。

しかし、スーパーやドラッグストアでは、安いときは80円程度で購入することが可能です。

その差、約80円。

1日に500mlのペットボトルを2本購入すると、おおよそ4,800円の節約となります。

恐らく1日2本じゃ効かないと思います。

それゆえ、最も節約の効果が表れやすいのが飲料水なんですね。

500mlよりも、1500mlを購入する

1500mlのペットボトルもスーパーやドラッグストアでは安いときは130円程度で手に入りますし、お茶系の2000mlのペットボトルなら100円以下でも取り扱いがあります。

水筒を持っていれば、お出かけするときにはそちらに入れていけますよね?

2000mlで100円のお茶を2日で1本購入したとしても、月で1,500円。

節約の効果は顕著に表れるでしょう。

むしろTパックを利用して節約する

お茶がメインの飲み物となっている方であれば、自分で作るのもおすすめ。

水出しのお茶ならめちゃめちゃ安いですし、コンビニや自動販売機で高いものを購入しなくてもよいはずです。

頻繁にコンビニを利用されている方なら、恐らく月で10,000円程度の節約になるケースもあります。

節約の第一歩は飲み物でやってみましょう

飲み物の購入方法を変えるだけで、相当な節約になります。

電気代を節約、水道代を節約と言った、僅かな差を狙うよりもよっぽど効率的でわかりやすい節約術です。

節約は、その効果が顕著に表れるところから始めた方が効率的です。

わかりやすいですし、節約した気にもなれます。

これで月5,000円の貯金をすることも夢ではないはず。

是非実践してみてくださいね。

-節約術

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.