カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

基礎知識

総量規制とは?総量規制対象外って何?

更新日:

キャッシングやカードローンでお金の借入れを行う際、出てくる言葉、『総量規制』。

あまり貸金に関して詳しくない方は聞きなれない言葉かもしれませんね。

今回はこの総量規制についてご説明したいと思います。

総量規制とは?

借金が無い状態を例に簡単に説明すると、金融会社からの貸し付けが借入れる方の年収の1/3までですよ、と言うことです。

また、これは貸金業者(キャッシング、クレジットカードのキャッシング枠)からの借入れが対象となっています。

従って、クレジットカードでショッピングをする場合、銀行カードローンは総量規制の対象となりません。

あくまで貸金業者からの借入れに対する規制なんですね。

もしキャッシングの借入れがすでにある場合、年収の1/3の金額から借入れを行っている金額を差し引いた分が新規借入れ可能額となるわけです。

総量規制があるのは、私たちが際限なくお金を借入れ、苦しむことがわかっているからこそある規制です。

これがあるおかげで全然借入ができない!

何て思う方もいると思いますが、多重債務者が増えることは社会的に良くないことですよね。

対象の貸金業者

消費者金融

これは当然そうですよね。キャッシングです。

プロミスやアコム、モビットなどがこれに該当します。

クレジットカード会社

クレジットカードのショッピング枠に関しては対象外ですが、キャッシング機能も付加されている場合、そちらが総量規制の対象となります。

貸金業者ではないもの

銀行や信用金庫、農協などは貸金業者では無いため、総量規制に該当しないことになります。

銀行系のカードローンもありますが、これも銀行系なので総量規制にがいとうしなことになるんですね。

じゃあ銀行系のカードローンでお金を借りればいいんじゃないの?

と思う方もいるかもしれませんが、銀行系カードローンは審査が厳しく、通りにくいです。

総量規制対象外とは?

読んで字のごとく、総量規制の対象とならない借入れのことを指します。

色々とありますが、今回は一般的な生活面で考えられるものだけをピックアップします。

住宅ローン・自動車ローン

不動産購入、リフォーム、自動車購入のためのローンは総量規制の対象外となります。

私は自動車をローンで購入する際、総量規制にビビっていましたが、関係無いんですね。

年収400万円でも200万円の自動車をローンで購入することができました。

同様に、住宅ローンも総量規制の対象となった場合、誰も家を購入することができなくなってしまう可能性がありますよね。

高額医療費

緊急を要し、医療費の借入れが必要な場合、除外されます。

例えば、手術費用が必要な場合など。

これは医療費の自己負担限度額をオーバーした部分について対象となります。

総量規制の例外

ただし、1/3の縛りがあっても、それ以上の借入れができる『例外』も存在します。

おまとめローンや事故や医療費などの思わぬ緊急の出費の場合が該当します。

ただし、あくまで例外的に借入れを行うことができるだけですので、年収の1/3以上の借入れとなってしまった場合はそれ以上の借入れを行うことはできなくなります。

もっと簡単にまとめ!

  1. 総量規制とは、年収の1/3以下の貸付けに制限する規制で、新たに借入れを行う場合、年収の1/3から現在の借入額を引いた金額までしか借入れできませんよ、と言うものです。
  2. ただし、貸金業者に該当する規制であり、銀行系カードローンやクレジットカードのショッピング枠は規制に当てはまりません。
  3. 総量規制対象外となるものもあり、一般的なものとしては住宅・自動車ローン、高額医療費などです。
  4. 緊急時は例外的に借入れることができるケースもありますが、借入れ合計額が年収の1/3を超えた場合は通常の借入れができなくなります。

一般的に借入れを行う際に考えなければならない総量規制。

もっとお金を借りたいと言う方もいるかもしれませんが、この規制は私たちをお金の借り過ぎから守ってくれる規制です。

無理な借入れは避け、計画的にキャッシングやカードローンを利用するようにしましょう。

-基礎知識

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.