カードローンに関すること。

MONEYCULTURE

カードローン・キャッシング

お金の使い方が上手な人と下手な人の違いについて

更新日:

そんなにお金があるように見えないけど、特に不自由なく生活している人っていますよね?

欲しいものを買い、使いたい時に使っているけどなぜかお金に困っていない。

私の周りにもそういう人がいましたね。

お金の使い方がすごく上手なんですよね。

私はどちらかと言うとお金の使い方が下手なので、うまく言い表すことができないのですが、とにかく金回りが良いと言うか、何と言うか。

自分と変わらない給料なのに、なぜかお金に困っていない方の特徴って一体何なんでしょう?

使いたい時に使うけど、使わない時は本当に使わない

こういう人って余計な出費が本当に少ないんですよね。

私の場合、飲み物が欲しければコンビニへ行くし、何かつまみたい時もまたコンビニへ。

でも、お金の使い方が上手な人ってこうした欲求もあまり無いように感じます。

つまり、わずか100円の飲み物も特に好んで買わない。

別に節約していたり、ケチっているわけではないのですが、いらないものには一切興味を示しません。

ですが、これ欲しい!

と思ったモノにはすごく興味を示すんですよね。

その人は友人だったのですが、ファッションが好きでした。

いつもオシャレに洋服を着こなしていたのですが、着こなしている服は全て安物。

でもオシャレなんです。

つまり、必要最低限の服を激安で購入し、それを着回してコーディネートを考えているんですよね。

これってある意味才能だと思うんです。

服は人によって着こなすことができたりできなかったりします。

自分に似合うジャンルをよく理解していたりするため、必要最低限の服で済んでしまいます。

私の場合、自分に似合うものが何なのかよくわかっておらず、良いと思ったものを購入してはやっぱり合わない…

何てことを繰り返していました。

飲み会に行く時もそうです。

自分が必要だと思った場には現れますが、必要無いと感じた時は全く興味を示しません。

お金の使い方が下手な人って、節約するとかそういう問題ではなく、自分に必要なもの、自分に適応できるものがわからないために、なんでもかんでも購入してしまう傾向があるんですよね。

コンビニでジュースを1日に2本購入すると、ペットボトルの場合は300円ほどかかってしまいます。

しかし、お金の使い方が上手な方は2日に1本買うか買わないか。

その差は1か月で数千円にもなってしまいます。

節約と言うよりも、友人にとっては日常

1日2本のジュースを購入した場合、1か月にかかる費用はおおよそ9,000円にもなります。

ですが、2日に1本の場合、2,000円弱で済んでしまいますよね。

その差、7,000円。

これを他の物にも当てはめると、かなり大きな金額になってしまいます。

友人は特に節約していたわけではありません。

でも豊かに生活していました。

節約はするぞって思った時ほどできないものです。

日常からいらないもの、贅沢な物には興味を示さないその性格こそが金回りを良くしているように感じます。

キャッシングを利用する方で、生活費が足りないからと言う理由の方は、こうした部分を見直してみてはいかがでしょうか?

ジュースはコンビニで買わなくても、激安スーパーへ行けば1.5リットルのペットボトルがコンビニの500ミリリットルのペットボトルと同額で購入することができます。

コンビニよりもスーパーの方が遠いからと言うかも知れませんが、歩くのはタダです。

贅沢をするなと言うことではなく、こうした面を節約するためと言うよりも、当たり前のこととして行動すれば金回りが良くなるかも知れませんね。

-カードローン・キャッシング

Copyright© MONEYCULTURE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.